スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバメの新居つくり

先月下旬ころから樺家に戻ってきたツバメ。
玄関先の壁に新たに巣つくりを始めていたのですが、他のツバメがやってきて気が変わったらしく、一昨日から場所を変えました。
写真の右上が最初に作っていた新しい巣。
ツバメ2羽下表止まり木&玄関巣 pe

場所移動で、今度は下表外の軒下。
下表巣つくり&ツバメ -pe

頑張って作っています^^
因みにツバメの仲良し夫婦。

下表ツバメ2羽近 -pe

巣が完成するまでは当分の間、下に泥が落ちて汚れます^^;

昨年の10月下旬ころ、ここの玄関前と下表の外が、小さなビニールハウスに変身してしまいました。
玄関前ハウス風景 pe
理由はと申しますと。。。
『昨年の春にグリーンのカーテンとして植えたパッションフルーツが秋口になってから沢山実を付けてしまって、それに伴い気温がだんだんと低くなるので実が熟さなくなった。』です。
だから主人が、寒さ避けにこういう状態にしてしまったのです。
この中で、主人は野菜の種まきをして苗を育てています。
玄関前がこんな状態なので、お客さんが来られてもつまずきそうで、樺さん的には気の毒に思えてなりません^^;
しかもここ数日、気温の高い日もあり、出入りをするツバメが暑くないのかなぁーって、心配しています。
5月一杯は、この状態で置くらしいです。
暑いよー暑いよー!

theme : 小さなしあわせ
genre : 日記

フジバカマの花壇作り

愛犬リキの眠るすぐ傍に植えた1株のフジバカマのお花に、渡りの蝶で有名なアサギマダラが来るようになって、9年。
植えたフジバカマの株も随分と増えてしまい、昨年はすぐ近くの別の花壇に移植。
お陰で株同士の窮屈感からも開放され、新しい花壇も小さいながらも秋には元気一杯に花芽も付けてくれました。
近くの島田川を渡った上島田という地区があるのですが、去年はそこに住まれている方が放されたマーク蝶のうちの1頭が、樺家の新しい花壇に飛んできて、主人と大喜びをしたという出来事もありました。
『山口むしの会』とかいうところの会員さんの放されたマーク蝶だったそうです。
これは、去年の10月17日の出来事ですがね。
詳細はカット(笑
Kビジョンにて、少し流して頂きました。
周防大島在住の『山口むしの会』の会長さんになるのかな?
その方にお電話までして、調べてくださいました。
取材に来てくださったTV局の方、調べるのが大好きとおっしゃって。
よく調べて下さりますわ^^
お世話になりました。

4月に入り、花壇のフジバカマの苗も大きくなってきました。

大きくなったフジバカマpe

フジバカマの株が増えすぎたので、現在主人が花壇の造成をしてくれています。

フジバカマの新しい花壇造成近 pe

土嚢を積んで左側の地面の高さまで埋めていくそうです。
樺さん自身は、何気に植えた1株のフジバカマの苗でしたが、樺の住む市のあちらこちらで「アサギマダラの為にフジバカマを植えましょう~運動」みたいなものが始まっていますが・・・
早い時期から、そういった意味でも樺家は貢献していたと言えますよね?(笑
どんな花壇に仕上がるか、樺さんも楽しみです。
出来次第、急いでフジバカマの株分けをして定植しないとね^^
がんばろうー♪

theme : 小さなしあわせ
genre : 日記

黒猫のクルミの犠牲になったお花

長年樺さんは、趣味として鉢植えのお花を買ってきたり、通販でお花の苗を注文したりしてお世話をしてきたけど、だんだんその楽しみもなくなりつつある。

樺さん専用に使っていた鉢植えの植物置き場の部屋からは、押し出されてしまって、別の場所へと移動せざるを得なくなったのね。
ここ何年間というもの、主人が冬場は温室用の暖房ストーブを2個焚いて大切にお世話もしてくれていたのに、今年の冬に全滅だよ。。。
というのも、去年の10月に主人の拾ってきた大切な黒猫のクルミに占領されてしまったのね。
冬寒くて風邪を引いたら大変なので、植物用の暖房ストーブ焚いてぬくぬくとさせていたのよ。
でもお陰で、クルミは風邪も引かないで元気に冬も越せた。
クルミは、猫免疫不全感染症にかかっているから、体調崩したりしたら可愛そうだものね。
樺さんの植物を取るか、クルミを取るか・・・やはり答えはクルミだよね(泣

孔雀サボテン、月下美人さようならぁ~~~って、感じ。
辛うじて、挿し木をしていたダラヒーの鉢植え1つと孔雀サボテンの挿し木2つ。
あと室内温度でも過ごせる君子蘭が4鉢。
元気に冬越ししたのは、それくらいかな。
君子蘭の1鉢は、今花芽を付けているよ。
金のなる木は、4鉢あったけど2鉢駄目になってしまった。
挿し木をして増やすのは、もやめようと思う。

泣くにも泣けず。。。

theme : 小さなしあわせ
genre : 日記

悪口を言っていると目の前に?

良く主人と話しています。
「悪口を言っていると、不思議とそれ?が目の前に現れたりと(笑

今年は中々カワセミがやって来ないねぇーっ。
来なければ来ないで別にかまわないよ!って、主人に言っていたら。。。
いきなりチッー!チッー!チッチッチッーーー!って、樺さんの頭上を飛んできた(笑
4日前の出来事である。

昨年2回やって来たんだけど2回目はメスのカワセミの機嫌が悪くなって、よそへ逃げて行った。
主人と後を追って行くと、500メートル位離れたご近所さん宅の田んぼの傍の崖に巣穴を掘り始めて、そこにいついてしまった。
昨年の2回目に来たカワセミは、他のカワセミが来たりしてシャマ繰ったりしたからメスの機嫌が悪くなったんだよね。
樺さん、ビデオ撮っていたので原因が全部わかる。
そのカワセミ、新しい巣に行くときは、必ず樺家の前をチッー!と泣きながら飛んで行くんよ。
わざわざね。
はぁ・・・

今朝も愛犬マロンちゃんをお散歩に連れて戻る道中、樺さんの頭上を泣きながら飛んで行った。
挨拶なんかしなくったって、良いのにね?
ま、今日の日記は、ここまで。

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

元気をもらう生き物たち

最近すっかり写真も撮らなくなってきたのね。
もっか、ビデオ撮影かな?
今月上旬、生まれて初めてお目にかかった野鳥が樺さんの目の前にやってきた。
渡りをする冬鳥で、『レンジャク』という鳥です。
チリリリリと、一斉に鳴き声が賑やかに響いていました。
樺家の家のすぐ前の電線に、数にして50羽はいたかな?
急いでビデオカメラ持ってきて、撮影をしましたよ。
で、撮影をしていたら、そのうちの15羽くらいがいきなり樺家のお庭の南天の実をついばみに下りてきた。
それから、すぐ傍の溜めマスの穴に溜まっていた雨水も飲んでいきました。
一瞬でしたが、バタバタととても賑やかだったよ。
殆どが『ヒレンジャク』という鳥で尾の先が赤色をしていたけど、撮影をして映っていた中に一羽『キレンジャク』といって、尾の先が黄色をした鳥を発見しました。
『ヒレンジャク』と共に行動するのは、珍しいらしい。
主人もこのレンジャクという鳥は、生まれて初めて見たといっていました。
2日程滞在していましたが、樺さんにとって、貴重な映像として残っています。

4日前から、樺家の玄関のすぐ外の巣に、ツバメが戻ってきました。
巣のすぐ下には、愛猫のスーちゃんがケージに入ってうるさいほどニャーニャー泣きながら毎日を過ごしていますが。
ツバメは全然恐れません。
樺さんと主人が出入りをしても、全く動じないし、とても懐っこいツバメのツガイです。
野鳥も可愛いですよ~♪

theme : 小さなしあわせ
genre : 日記

プロフィール

樺

Author:樺
居住地 山口県東部(瀬戸内海沿岸)
飼っているもの。
★2009年5月16日生まれのゴールデンレトリーバーのマロン。千葉県生まれの元気な男の子。
★2012年5月25日生まれの短足マンチカンのミント。北海道札幌市生まれの元気な女の子。
★2012年3月19日生まれのノルウェージャンフォレストキャット。山口県生まれの元気な男の子。
★2013年8月20日生まれの短足マンチカンのライム。広島県生まれの元気な男の子
★2013年5月1日生まれのミックス猫、スー。女の子。
★2016年1月1日生まれのミックス?猫、パセリ。男の子。
★2017年10月1日に拾ってきた、捨て猫のクルミ。男の子。

ゴールデンレトリーバーのリキ。山口県生まれ☆享年12歳11ヶ月。
Mダックスのポピー。山口県生まれ☆享年18歳2ヶ月。

全記事表示リンク

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

blogram

blogram投票ボタン

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

リンク

検索フォーム

ブログ村

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。