FC2ブログ

フジバカマの花壇作り

アサギマダラチョウ
04 /11 2018
愛犬リキの眠るすぐ傍に植えた1株のフジバカマのお花に、渡りの蝶で有名なアサギマダラが来るようになって、9年。
植えたフジバカマの株も随分と増えてしまい、昨年はすぐ近くの別の花壇に移植。
お陰で株同士の窮屈感からも開放され、新しい花壇も小さいながらも秋には元気一杯に花芽も付けてくれました。
近くの島田川を渡った上島田という地区があるのですが、去年はそこに住まれている方が放されたマーク蝶のうちの1頭が、樺家の新しい花壇に飛んできて、主人と大喜びをしたという出来事もありました。
『山口むしの会』とかいうところの会員さんの放されたマーク蝶だったそうです。
これは、去年の10月17日の出来事ですがね。
詳細はカット(笑
Kビジョンにて、少し流して頂きました。
周防大島在住の『山口むしの会』の会長さんになるのかな?
その方にお電話までして、調べてくださいました。
取材に来てくださったTV局の方、調べるのが大好きとおっしゃって。
よく調べて下さりますわ^^
お世話になりました。

4月に入り、花壇のフジバカマの苗も大きくなってきました。

大きくなったフジバカマpe

フジバカマの株が増えすぎたので、現在主人が花壇の造成をしてくれています。

フジバカマの新しい花壇造成近 pe

土嚢を積んで左側の地面の高さまで埋めていくそうです。
樺さん自身は、何気に植えた1株のフジバカマの苗でしたが、樺の住む市のあちらこちらで「アサギマダラの為にフジバカマを植えましょう~運動」みたいなものが始まっていますが・・・
早い時期から、そういった意味でも樺家は貢献していたと言えますよね?(笑
どんな花壇に仕上がるか、樺さんも楽しみです。
出来次第、急いでフジバカマの株分けをして定植しないとね^^
がんばろうー♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

居住地 山口県東部(瀬戸内海沿岸)
飼っているもの。
★2009年5月16日生まれのゴールデンレトリーバーのマロン。千葉県生まれの元気な男の子。
★2012年5月25日生まれの短足マンチカンのミント。北海道札幌市生まれの元気な女の子。
★2012年3月19日生まれのノルウェージャンフォレストキャット。山口県生まれの元気な男の子。
★2013年8月20日生まれの短足マンチカンのライム。広島県生まれの元気な男の子
★2013年5月1日生まれのミックス猫、スー。女の子。
★2016年1月1日生まれのミックス?猫、パセリ。男の子。
★2017年10月1日に拾ってきた、捨て猫のクルミ。男の子。

ゴールデンレトリーバーのリキ。山口県生まれ☆享年12歳11ヶ月。
Mダックスのポピー。山口県生まれ☆享年18歳2ヶ月。