FC2ブログ

我が家の黒猫

愛猫(クルミ)
11 /17 2018
先日、黒猫のクルミのワクチン追加接種のハガキが動物病院から届いて気づいた。
樺家にクルミがやってきてもう1年経つんだね。。。

今朝、久しぶりにクルミの写真を撮ってみた。

平成30年11月17日クルミ5-pe
平成30年11月17日クルミ6 - pe
平成30年11月17日クルミ2 - pe
平成30年11月17日クルミ4 - pe

平成30年4月13日・クルミ主人1
スポンサーサイト



黒猫のクルミの犠牲になったお花

愛猫(クルミ)
04 /03 2018
長年樺さんは、趣味として鉢植えのお花を買ってきたり、通販でお花の苗を注文したりしてお世話をしてきたけど、だんだんその楽しみもなくなりつつある。

樺さん専用に使っていた鉢植えの植物置き場の部屋からは、押し出されてしまって、別の場所へと移動せざるを得なくなったのね。
ここ何年間というもの、主人が冬場は温室用の暖房ストーブを2個焚いて大切にお世話もしてくれていたのに、今年の冬に全滅だよ。。。
というのも、去年の10月に主人の拾ってきた大切な黒猫のクルミに占領されてしまったのね。
冬寒くて風邪を引いたら大変なので、植物用の暖房ストーブ焚いてぬくぬくとさせていたのよ。
でもお陰で、クルミは風邪も引かないで元気に冬も越せた。
クルミは、猫免疫不全感染症にかかっているから、体調崩したりしたら可愛そうだものね。
樺さんの植物を取るか、クルミを取るか・・・やはり答えはクルミだよね(泣

孔雀サボテン、月下美人さようならぁ~~~って、感じ。
辛うじて、挿し木をしていたダラヒーの鉢植え1つと孔雀サボテンの挿し木2つ。
あと室内温度でも過ごせる君子蘭が4鉢。
元気に冬越ししたのは、それくらいかな。
君子蘭の1鉢は、今花芽を付けているよ。
金のなる木は、4鉢あったけど2鉢駄目になってしまった。
挿し木をして増やすのは、もやめようと思う。

泣くにも泣けず。。。

我が家の愛猫

愛猫(クルミ)
12 /14 2017
樺の家には現在6匹の愛猫がいる。
その6匹の猫の内、本来樺さんが好きで購入した猫ちゃんは2匹だけなのである。
マンチカンの女の子のミント・・・現在5歳
スコティッシュとマンチカンの入った男の子のライム・・・現在4歳

あとの4匹の猫ちゃんは、余分なのである。


1匹目。
平成26年1月に樺家に来た雑種の女の子のスー。現在4歳。     
    この子     
     ↓
平成29年12月13日・スー1
樺の次女の家からやって来た。
孫が子猫のときに欲しがって、どこかの施設から貰って来た。
次女に育猫?放棄された猫。
病気知らずの元気な子。



2匹目。
平成26年9月に樺家に来たノルウェージャンの男の子のノン。現在5歳。
          この子
            ↓
平成29年10月16日・ノン1

隣市のペット屋さんで、孫が娘にねだって無理矢理買わせた。
この子も次女の家からやって来ました。
ペット屋さんの中では売れ残って、店内を自由に歩き回らせて遊ばせていた猫だったとか。
娘が買って帰るときは、店員さんからとても惜しまれていたらしい。
この子は樺家に引き取ってすぐに、病院で喉の奥に2センチ位のポリープが見つかって切除手術をして頂いた。
再発の確率、30パーセントといわれた。
また喉の奥から変な音がするようになったら、すぐに連れてきて下さいといわれている。
体質で、お耳の中がすぐにジグジグとして汚れるので、毎月お掃除に病院に来るようにいわれています。
現在は、体調は良いです。
この子も次女に育猫?放棄された子です。
因みにノンちゃんの左上にいるのが、樺さんの猫のミント。
ノンちゃんとは、とても相性が悪いです^^



3匹目。
平成29年3月の樺家に来た雑種の男の子のパセリ。現在1歳。
  この子
    ↓
パセリちゃん
樺の長女の家から引き取った子。
まだ長女の家にいた当時の写真。
飼い主にライオン丸と呼ばれていたらしい。
樺家に来た経緯はというと。
長女のすぐ家にある家から閉め出しをくって、長女の家に住み着いてしまい、挙句の果て孫とお姑さんが喧嘩を始めてしまったという。
長女の家にはすでに3匹の室内猫がいるので、猫嫌いのお姑さんにとっては鳥肌が経つ程の存在だったらしい。
なので、樺の主人が引き取って来たのである。
。。。とはいえ、お世話は全部樺さんの仕事です(泣



平成29年10月16日・パセリ1
現在のパセリ。
すっかり大きくなりました。長女の家にいた頃に比べてあまりにも大きくなってしまいましたが、元の飼い主の話によると”良い猫”だそうです。
手触りがスベスベで、毛質がとても良い猫なのですが、ソマリかなんかがかかっているのかも?と、娘と話しています。


4匹目。
平成29年10月1日に樺さんの主人が拾って来られた黒猫のクルミ。推定年齢5歳位かそれ以上。
  この子
   ↓
平成29年12月14日・クルミ 1
主人の大切な猫ちゃんです。
心臓のカテーテルアブレーションの手術を控えていた主人の不安を和らげてくれた、心のお守り的な存在なのです。
クルミちゃんの2回目の予防注射も済み、昨日は去勢手術も無事終えました。
でも免疫不全感染症を患っているせいか、何度も粘っこい鼻水が出て困ります。
酷くなるようなら、また病院に連れて行ってやらねばなりません。

お世話も大変なので、猫ちゃんは6匹でもう勘弁して欲しいです(笑

ネコ2さんへ
お久しぶりです。
コメント有難うございました。元気そうで良かったです。
食推の皆さんも元気でいらっしゃいますか?
ブログの更新も中々思うようにできませんが、また遊びに来てくださいね。

お花の写真、まだ良いのがないので、また今度載せて頂きますね。
有難うございました。

幸せを呼ぶ黒猫

愛猫(クルミ)
10 /21 2017
我が家には現在6匹の猫がいる。
ミント(マンチカンの女の子)、ライム(スコティッシュの入ったマンチカンの男の子)、ノン(ノルウェージャンの男の子)、スー(白黒柄の雑種の女の子)、パセリ(長毛種の茶トラの男の子)の5匹に、今月1日に主人が自宅前で捨て猫を拾ってきた黒猫1匹(男の子)。
これらの猫は、1匹のワンちゃんも含め皆、樺さんがお世話をしている。

今朝、黒猫のクルミの混合ワクチン予防接種に病院へ連れて行った。
初回なので追加ワクチン接種に1ヵ月後に連れて行かねばならない。
先週ワンちゃんのマロンの7種混合の予防接種に連れて行ったばかり。
で、来週は猫ちゃんのノンの混合ワクチン予防接種である。
ま、病気を考えたら受けておかねば怖いもんな。。。
お金もかかるけど、言ってはおれぬ(^^:

ところで、主人が拾ってきた黒猫は、主人の癒しの猫なんだよね・・・
この黒猫のクルミと出会う前に、樺さんの猫の本を色々と読んでいて黒猫が欲しい~って、言ってたんだ。
黒猫のまつわる言い伝え・・・6つ書いてあった。
で、中でも「黒猫は、大切な人を助けてくれる」「鍵しっぽの黒猫は、幸運を招く」とね
拾って帰った途端、本当に主人の癒しの猫になっちゃったのよね。
だけど、年齢がまだ若い猫かなっと思ったんだけど、病院の先生にシニアの猫ちゃんだって言われた。
主人がクルミに出会ったときは、小雨の降る薄暗い夕方だったんだ。
道路わきにうずくまって、ブルブルと震えてたそうだ。
見ると痩せていて、動ける状態ではなかったそうだ。
樺さんが病院へ連れて行ったときは、熱もあったし。。。あのまま置きっ放しにしていたら、完全に死んでいたよ。
しかも可愛そうに、野良生活も長かったんだろうね。。。ウイルス検査をして頂いたら『猫免疫不全ウイルス感染症』にかかってた。
「シニアのクルミちゃんだから、うちでしっかり面倒をみて可愛がってあげようね♪」って、主人と話しています。
今日2度目の検便をして頂いて、無事虫の駆除は出来ていますからワクチン打てますよーって、言われたので打って頂いて帰った。
クルミちゃん、樺家に来た当初からビックリするほど食欲旺盛(笑
元気にニャーニャーなんて、膝に来たがるし、ウンチも良いウンチ^^
他の5匹の猫ちゃんと一緒の部屋には置けないので、単独のお部屋に置いてますがね。
クルミちゃん、これから他の病気が出てくるかもしれないけど、頑張ろうね

居住地 山口県東部(瀬戸内海沿岸)
飼っているもの。
★2009年5月16日生まれのゴールデンレトリーバーのマロン。千葉県生まれの元気な男の子。
★2012年5月25日生まれの短足マンチカンのミント。北海道札幌市生まれの元気な女の子。
★2012年3月19日生まれのノルウェージャンフォレストキャット。山口県生まれの元気な男の子。
★2013年8月20日生まれの短足マンチカンのライム。広島県生まれの元気な男の子
★2013年5月1日生まれのミックス猫、スー。女の子。
★2016年1月1日生まれのミックス?猫、パセリ。男の子。
★2017年10月1日に拾ってきた、捨て猫のクルミ。男の子。

ゴールデンレトリーバーのリキ。山口県生まれ☆享年12歳11ヶ月。
Mダックスのポピー。山口県生まれ☆享年18歳2ヶ月。

◎ご訪問ありがとうございます。
 当ブログはリンクフリーです。