FC2ブログ

フジバカマの花壇の手入れ&定植

アサギマダラチョウ
02 /11 2019
今年の秋(樺家では10月中旬~11月上旬)にやってくる渡りの蝶アサギマダラの為?に、花壇のお手入れを始めました。

平成30年11月21日初代花壇のお手入れ - コピー
ここの花壇には愛犬ゴルのリキが死んでしまった年=愛犬ゴルマロンが樺家にやってきた年~9年間アサギマダラが飛来していたので、とても思入れのある場所です。

去年新しく購入した白花フジバカマの苗
平成30年11月20年白花フジバカマ購入苗 - コピー
苗が大きくなるまでコンテナに仮植えをしていたのですが、少し大きくなってくれていたのでここの花壇に定植しました。

2019年2月10日撮影フジバカマ初代花壇 全景- peー
2019年2月10日撮影フジバカマ初代花壇2 - pe
2019年2月10日撮影フジバカマ初代花壇3pe
2019年2月10日撮影フジバカマ初代花壇4 -pe

そして、一昨年に2番目に作ったフジバカマの花壇
2019年2月10日撮影フジバカマ花壇その2 - コピー
古いフジバカマの株を全部引き上げて、元気の良い苗10株を定植しました。

本当は株分けと定植は時期的にはまだ早いのですが、去年の豪雨と猛暑でフジバカマの株がうどんこ病にかかって、株を引き抜いたときネコナカイガラムシにやられてしまったらしく、根が真っ白に痛んでいました。
それで対処法を色々調べてみると、冬の間に花壇の土を深めに掘り起こしてしっかり冬の寒い気温に当てること。
こうすることて、土壌の中の害を起こす虫も寒さで死ぬと。
それと何もしないで同じ場所に植えると、連作障害をおこすと書いてありました。
フジバカマの株を定植する前に、殺菌剤の液状のダコニールをまいて土に混ぜ込みました。

何も知らずに数年もの間花壇に植えたフジバカマと付き合ってきましたが。。。
フジバカマも連作障害を起こすということを、この度初めて知りました。
いい勉強になりました
スポンサーサイト

思い出のフジバカマの花壇から

アサギマダラチョウ
11 /10 2018
樺家のお庭の花壇にくるアサギマダラを振り返ってみて。

平成21年10月。初代フジバカマの花壇
平成21年10月フジバカマ花壇pe
春に鉢植えから地に下ろした小さなフジバカマの株に、アサギマダラが初めて飛来。
この年、生まれて初めてアサギマダラという渡りの蝶と出会った。
10羽くらいお花に止まって吸蜜していた。
これから、この小さなフジバカマのお花の株がだんだんと増えて行きました。

平成23年10月18日。フジバカマとアサギマダラ平成23年10月18日フジバカマpe
3年目のフジバカマのお花とアサギマダラ。
お花の草丈も随分と伸びるようになりました。
15羽くらいお花に止まって吸蜜していました。
フジバカマのお花の根元に植えていたホトトギスの株が、増えてきました。

平成24年10月。フジバカマとアサギマダラ平成24年10月フジバカマpe
この年に通販で購入した白花のフジバカマの株を左側に植えてみました。
思ったほど株は張らなかったです。
ここでもアサギマダラが吸蜜中。

平成29年10月14日。フジバカマとアサギマダラ平成29年10月14日フジバカマpe
初代のフジバカマの花壇が、竹の根とホオトギスの株に覆われてフジバカマの株が負けそうになって可哀想なので、新しい花壇に移植してやることにしました。
移植した株も順調に育ち大きくなり、アサギマダラも20~30羽飛来しました。
初代の花壇には株が3~4株くらいはまだ残っていたのかな?
そこでも1~2羽のアサギマダラがフジバカマのお花で吸蜜していました。
10月17日に吸蜜中のアサギマダラをビデオ撮影をしていると、1羽のマーク蝶を見つけ大感激しました。
『山口むしの会』の会員の上島田在住の山本さんが放されたマーク蝶のうちの1羽と判明。
どこで放されたのかは、お聞きしていませんが。
その後夕方にはもう樺家の花壇からは姿が消えていました。
こんなこともあるのですね。

平成30年10月12日。フジバカマとアサギマダラ
平成30年10月12日アサギマダラpe今年の春に新たに花壇を2箇所作り、フジバカマの株分けをして植えました。
1箇所目の新しい花壇で吸蜜中のアサギマダラ。

平成30年10月17日。フジバカマとアサギマダラ平成30年10月17日アサギマダラ3pe今年は豪雨や猛暑の影響もあるのだと思いますが、とにかくフジバカマのお花の生育の調子が悪かったです。
樺家だけ特別なのかなと思ってましたが、他所でもこういった情報を目にしました。
それと今年はアサギマダラの飛来数も極端に1~2羽と少なかったですが、これも同じことを他所でも耳にしました。
来年は、アサギマダラの休憩所として樺家もフジバカマのお花の栽培に気を配っていきたいと思います。
来年また会いましょうね、アサギマダラさ~ん♪

フジバカマのお花を悩ます虫

アサギマダラチョウ
10 /16 2018
樺家の花壇に植えてあるフジバカマのお花についての話。
去年新たに作った花壇で今年も春先には元気な新芽をのぞかせて調子良く育っていた。
そのフジバカマが9月に入り小さな花芽を付け始め、楽しみにしていた。
なのに、葉色は赤茶色に変色し上部に付いていた花芽が、だんだんと茶色に枯れていったではありませんか!

今日撮ったここの花壇の写真です。
10月16日去年の新しい花壇 - pe
10月16日去年の新しい花壇のフジバカマ - pe

枯れてしまった下部からは、新芽を出してきつつありますが。
ほとんどお花が付いていません。

今年新しく作った花壇に株分けをして植えたフジバカマ。
今日撮った写真です。

10月16日今年の新しい花壇 - pe
10月16日今年の新しい花壇の状態 - pe

ここの花壇の左側に植えてあったフジバカマが、だんだんとしおれて枯れていってしまいました。
今年やってきたアサギマダラは、この花壇の中央~右側のお花にきてくれています。

今日フジバカマの株の状態を観察していると、止まっていたこの幼虫を見つけました。
10月16日今日見つけた幼虫-pe

むむむ・・・気持ち悪いです。
4匹見つけました。
お花がだんだんと枯れていった大きな原因は、この虫が悪さをしていたためなのかな。
現行犯で即!逮捕しました(笑
ま、新しい花壇の位置も西向きの強い日差しを浴びる場所だし。
今年は特に猛暑続きだったから、水切れも原因していたのだろう。
今、枯れた原因を色々と考えているところです。

樺家の花壇のフジバカマの状態はこんな感じですが、気になるアサギマダラ。
今年は飛来の数が少なすぎて、気になっています。
他の場所では、元気に滞在してくれているのでしょうか?

今年は何だか寂しいフジバカマの花壇だなぁ。。。

アサギマダラチョウ
10 /15 2018
昨日は、アサギマダラの姿を見なかった樺家のフジバカマの花壇でした。
今日は、お昼頃になってやっとアサギマダラが1羽やってきました。
主人から、「今日は撮影をしたりしないで吸蜜をゆっくりさせてやれよ~。」といわれたので、眺めるだけにしました。
それから3時過ぎに様子を見に行ってみたら、アサギマダラの姿はもうありませんでした。
どこへ飛んで行ったのでしょうか、明日も来てくれるかな・・・

フジバカマの花壇周辺で撮った、ツマグロヒョウモンのメス
10月15日ツマグロヒョウモンのメス -pe
10月15日ツマグロヒョウモンのメス2 - pe
10月15日ツマグロヒョウモンのメス3 - pe
10月15日ツマグロヒョウモンのメス4 - pe

樺家のフジバカマの花壇は、夏場一時的に調子が悪くて開花の心配をしていたのと、気づきですが例年に比べ飛んでくるタテハチョウの数が随分と少ないのですよね。
今年は、羽化した数が減ったのでしょうか?
ここの花壇にやってくるアサギマダラの数も1羽か2羽と、少ないし気になります。
それと今年の夏は、樺家ではアブラゼミの姿を全く見かけなかったし。
何度となくやって来る台風、豪雨・・・それと猛暑。
春から夏にかけてと、気候が異常なほど変だったものね。

そろそろ冬鳥のジョウビタキが樺家の周辺にやってきて賑やかになることと思います。

追記: 光市のアサギマダラ飛来情報入手
  山口県光市立室積小学校  10月12日(金) 初飛来
    10月15日(月)のブログ記事にて


樺家の花壇には、去年は10月7日にアサギマダラが初飛来だったけど、光市内は同じ日だった。
今年も樺家と同じ日でした。
これからアサギマダラの数が増えると良いですね~♪

う~ん。。。アサギマダラは今どこに???

アサギマダラチョウ
10 /14 2018
今年10月12日に樺さんちのフジバカマの花壇に初飛来した、待ちに待ったアサギマダラ。
10月12日は2羽。
10月13日は1羽。
そして、気になる今日は?。。。朝からずっと来るのを待っていたのですが、残念ながらフジバカマの花壇にアサギマダラの姿は見当たりませんでした。
12日、13日、そして今日と、ネットで調べてみたりするのですが、樺さんの住んでいるここ光市にはまだアサギマダラの飛来情報は有りません。
まだ集団での渡りは始まっていないのでしょうかね。
悲しいことに、樺さんちの花壇からはアサギマダラの姿が消えてしまったし(泣
ふぅ。。。一体どうなっているのでしょう?

明日には新しい情報が入るかも?
樺さんも主人も、再びアサギマダラが来るのをとても楽しみにして待っています。

去年購入した鉢植えの黄色のバラ
10月8日黄色バラ全景 - pe
10月8日黄色バラ - pe

今元気に咲いています。
西向きの家の角に、風水の金運の縁起を担いで黄色のバラを主人が置いています。
バラの葉は、どうやらバッタが食したようで、少々みすぼらしい姿と化してしまっています(笑

居住地 山口県東部(瀬戸内海沿岸)
飼っているもの。
★2009年5月16日生まれのゴールデンレトリーバーのマロン。千葉県生まれの元気な男の子。
★2012年5月25日生まれの短足マンチカンのミント。北海道札幌市生まれの元気な女の子。
★2012年3月19日生まれのノルウェージャンフォレストキャット。山口県生まれの元気な男の子。
★2013年8月20日生まれの短足マンチカンのライム。広島県生まれの元気な男の子
★2013年5月1日生まれのミックス猫、スー。女の子。
★2016年1月1日生まれのミックス?猫、パセリ。男の子。
★2017年10月1日に拾ってきた、捨て猫のクルミ。男の子。

ゴールデンレトリーバーのリキ。山口県生まれ☆享年12歳11ヶ月。
Mダックスのポピー。山口県生まれ☆享年18歳2ヶ月。

◎ご訪問ありがとうございます。
 当ブログはリンクフリーです。